求人案内

社員メッセージ

実現するまでの苦しみと実現した時のよろこびは、
ここでしか味わえない格別なもの

実現するまでの苦しみと実現した時のよろこびは、ここでしか味わえない格別なもの

2006年入社

入社動機

採用面接のとき、ズバリ言われたひとことがあまりに印象的で、入社を決めました。
「今の自分に足りないところ」について、的確な指摘とアドバイスをいただいたのです。それがあまりに新鮮で、すぐに「ここで働きたい」という気持ちになったのです。
今では、先輩たちのやり方を見習って、その「足りないところ」=コミュニケーションの苦手意識を克服できたと思っています。あの面接のひとことで、いちばん大切なことを教わったのかもしれませんね。

仕事内容・やりがい

工業用計測器のソフトウェア開発を行っています。お客様からの要求を製品仕様として落とし込み、ソフトとして実現するまで幅広く担当しています。計測器は、信頼性が命であるため、細かなタイミングのずれが発生しないつくりが求められます。これを如何に実現するのか、ソフトウェア開発者としての力が試されます。実現するまでの苦しみと実現した時のよろこびは、ここでしか味わえない格別なものです。

目標

会社として、一人の力に依存する体制はよくない状態ですが、個人としてはこの逆、つまりこの人なくしてアクシアなし、そう言われる存在になりたいです。

アイデアを思いつく方法

「全力で、でも楽しく」がベース。
仕事が仕事にならないように、何事も楽しくやる!

休日の過ごし方

読書やランニング、家庭菜園などやることが多すぎて、ヒマがありません。

メッセージ

この仕事では「考える」作業が多く、解決にたどり付くまでトコトン悩みぬくのも大切な仕事です。
だから、そういった状況にあっても粘り強く「この一つひとつの考えや疑問こそがよりよいモノづくりに繋がるんだ!」とワクワクできるような発想の転換が大切。
こんな風に、何事も「楽しんで考える」ことのできる資質のある人材と一緒に仕事をしたいですね。
そんな考え方のできる人たちが集まった我が社の雰囲気をぜひ一度体験してほしいので、社長を始め私たち社員に会いに、説明会に来てみてください。

ページTOPへ

モノづくりが好きなら、ゼロからの出発も恐れずに。

モノづくりが好きなら、ゼロからの出発も恐れずに。

2006年入社

入社動機

今も将来も「人の役立つ」仕事が魅力。
就活を通じて初めて、ソフト開発という仕事が「人に役立つ」仕事だと知り、強い興味を持ったのがきっかけです。
社内には、元々コンピューターやプログラムに強い先輩も多いですね。
マイコンは多くの身近な機器にも組み込まれていると知り、高い将来性を感じました。あと、自分のがんばり次第で、早くから仕事を任せてもらえる環境にも惹かれましたね。

仕事内容・やりがい

常に感じる、喜びと使命感。
今は管理職としてチームを率いて、列車運行管理システムという社会インフラ系の仕事に携わっています。部下のフォローと自身の開発作業を両立させる難しさを感じています。入社当初から希望していたことなので、市場に出回りたくさんの人が利用するものを作っていることに大きなやりがいを感じる一方、同じだけのシビアな気持ちを持ち続けています。最後まで使命感をもって、慎重な作業を心がけています。

目標

自分にしかできない将来の夢を胸に。
目標としては、お客様のご要望だけでなく、システムの安全面・操作性を考えた「+α」のご提案ができ、
「またあの人と一緒に仕事をしたい」と思われるような人間的な魅力のある人物であり続けることです。
お客様にそう思っていただくためには、チームが笑顔で仕事ができるような環境作りが必要だと考えています。今後は、大学で学んだことでもあり、社会の役に立てるエコ関係にかかわる機器の制作に携わりたいですね。

アイデアを思いつく方法

まず自分の考えを整理することだと思います。
マインドマップなどを使って紙に書きだしてアイデアを繋げていくようにしています。

休日の過ごし方

家族と過ごすことが多いですね。公園で遊んだり、一緒に料理を作ったりして楽しんでいます。やはり家族あってこその今の生活だと思います。

メッセージ

モノづくりが好きなら、ゼロからの出発も恐れずに。
「ソフトウェア開発なんて自分には無理では?」と考えている人もいるかもしれませんが、私がそうであるように、モノを作るのが好きなら、ゼロからの出発でもきっとすぐに充実感を感じながら取り組める仕事です。同じ仕事をするなら、明るくてよく笑う人と一緒にやりたい。その人間的な魅力が、ソフトの付加価値になると思います。小さな疑問から始まり、一緒にゴールを目指せるような新人を待っています。
そのためにも、面接では、できるだけ多くの人とよく会話することをおすすめします。
「きっと会社側も自分と話したがっているはずだ」ということを忘れず、恐れずに、チャレンジしてみてください!

ページTOPへ

夢への挑戦、技術力を高めるために

夢への挑戦、技術力を高めるために

2014年入社

入社動機

夢への挑戦、技術力を高めるために。
幼い頃より自分で何かを作り、それを多くの人に利用して頂く事が好きで、早くから「将来はSEになりたい」と強く思うようになりました。学生の頃、自分のスキルに応じて、ゲームやスマホアプリを作り、何千人という方に利用していただきましたが、やはり、自分のスキルの限界、個人としての限界を感じていました。「自分がもっと活躍出来る場所が欲しい」とそう思っていた時に出会ったのがこの会社でした。自分のスキルに応じた活躍、チームとしての結束力を予想し、入社しましたが、その時の考えは間違っていなかったと思います。

仕事内容・やりがい

難しい課題、自分でやり遂げた時の達成感。
仕事の中で自分の経験したことの無い課題に出会う事があります。その課題に直面した時、自分のスキルをフルに使い、解決した時の達成感と成長は何事にも代えがたいです。
もちろん、経験の少なさから、自分のスキルだけではどうしようも無い課題もあります。
その時は周りの上司、先輩、仲間に助けを求め、解決へと向かいますが、その環境がこの会社には十分に整っています。

目標

日本中、世界中が知っているモノに携わる。
例えば、あなたのお気に入りの機械を思い浮かべて下さい。携帯電話、バイク、車、ゲーム機、オーディオ、なんでも構いません。その機械の一つの機能をあなたが開発したと想像してみてください。それだけでワクワクしてきませんか?その思いは、想像だけでなく、実現する事ができます。もちろん、そのための努力は必須ですが。
それを叶える事が、私の現在の目標です。

アイデアを思いつく方法

プライベート、仕事で多くの人と接し、多くの考え方を学ぶことにより、自分の能力以上のアイデアを産み出せると思います。

休日の過ごし方

車・バイクで様々なとこに出かけます。
そこで感じたこと、体験したことが仕事にも活かされ、公私ともに充実度が増します。

メッセージ

仕事が楽しければ、人生の半分は楽しい。
私は、仕事とはお金を得るために行う辛い作業では決して無いと思っています。自分のアイデアを活かした製品を作る。多くの人と関わり合い、最良の解答を見つける。それらはとても楽しいことだと実感してします。いくらプライベートが充実していても、日々の仕事が辛ければ、起きている時間の約半分は辛くなります。仕事が楽しければ、人生の半分は楽しい。これは、何かのドラマのセリフの受け売りですが、実際にそうであると、強く感じています。

ページTOPへ

求人案内
人材に対する考え
新卒採用
FAQ(新卒)
キャリア採用
社内の取組み
社員メッセージ

お問い合わせ お気軽にお問い合わせください。 06-7507-2296 お問い合わせ

Featured Content

NSACADEMY

NSグループにおける人材教育と情報共有のサイトです。